筋肉痛の時はトレーニングしない方がいいって本当?

筋肉痛への不安解消やトレーニングへの取り組みをアシストするサイト

筋肉痛のとき、トレーニングはしていい?しちゃダメ?

「筋肉が痛い…」「身体が錆びついたようだ…」運動後、身体を襲うイヤ~な筋肉痛。しかしこの痛みは、「ちょっと待って!」「もっと強くなるために休んで!」という身体からの大事なサインなんです。 そのサインを無視してトレーニングをしてはいけない理由を解説!

ズバリ、筋肉痛時トレーニングしない方が良い! その理由を解説!

世界で活躍するトップアスリートも、たまの休みにちょくちょく運動する人でも、避けて通れない身体の痛み。それが「筋肉痛」です。
身体からオイルが抜けたような、錆びついたようなだるさと、身体の内側から筋肉全体を包む、チクチクしたような痛み。これらは人間の身体が沢山の筋肉に包まれている以上、避けては通れない痛みなのですが、そこで一つ疑問が…。
「筋肉痛の時に、トレーニングってしていいんだろうか?」って。

身体は筋肉痛で悲鳴を上げている。でも、せっかく晴れているし、トレーニング用にウェアやシューズも買ったし、元を取らなきゃ…でも、身体は痛い…と、お悩みの片や、あるいは真面目な方は、筋肉痛だからって休んだら、サボリ癖がついてしまうのでは…と考えてしまうかもしれません。
でも、その筋肉痛は、実は身体から発せられているとっても大事なサインであること、ご存じでしたか?

このサイトでは筋肉痛を引き起こす原因として考えられている理論と、痛みの正体を紹介する所からスタートし、筋肉痛の時、身体の中で何が起こっているのかを詳しく見ると共に、筋肉痛という現象がどれだけ大事な「身体からのサイン」なのかを解き明かしていきます。
また、筋肉痛とは言ってもトレーニングを辞めたくない、という人は多いですよね。そんな人たちの為に、筋肉痛とうまく付き合うためのトレーニングメニューの組み立て方や、筋肉痛を軽減するための対策を紹介しています。

更に、筋肉痛のようだけど、何か別の病気のようにも思えて不安…とか、痛みが長引いていて心配…という、運動をした事で起こり得る疑問についても、出来る限りまとめました。このサイトで、是非是非、みなさんもより良いスポーツライフを楽しんでください。

これでカンペキ!「超回復」で、より良いカラダを手に入れよう!

筋肉痛の種類や痛みの意味が分かっても、「身体は痛い。でもトレーニングは続けたい」「筋肉痛が嫌でトレーニングが億劫になる…」ということは誰でも考えます。そんなあなたのために、筋肉痛と上手く付き合うトレーニングのポイントをご紹介!きっと、筋肉痛やトレーニングへの向き合い方が変わります!

「運動は続けたい」「休んだのに身体が痛い」状況別アドバイス!

「トレーニングを見直して、休みを挟んでいるのに筋肉痛が消えない…」「筋肉が痛むんだけど、只の筋肉痛?それとももっと危ない痛み?」筋肉痛を理解し、トレーニングを見直してみた。でも、それでも残る痛みや、消えない疑問や不安を、本記事で解説&解決していきます!